2013年1月4日金曜日

家庭菜園に現れる○○

 修学院にある自宅の裏庭で家庭菜園を始めて早一年半。冬場は寒くて畑の手入れもできないので今は何も育てていませんが、春から夏にかけてのお話しを少し。
 一昨年は初めてという事もあり、ジャガイモを育ててみました。どれくらい収穫できるか期待しつつ、すくすく育ってくれたジャガイモは子供達と一緒にイモ掘りをし、そこそこの量収穫することができました。
 去年はもう少しいろんな種類を育ててみようと、トマト、キュウリ、枝豆、ししとう等6種類ほどの苗を植え育て始めました。と言っても畑の世話をするのは旦那さんなので『育ててくれました』が正解ですが。私と子供達はいつ食べれるかなぁ…と待つのみです。
 初夏。トマトは赤く色付き、キュウリやししとうはすくすく大きくなって、毎日食卓に出しても食べきれないくらいの豊作。旦那さんの手入れのおかげです。キュウリが嫌いな旦那さんが一番楽しみにしていた枝豆がもうそろそろ食べ頃だな、というところまで育ってきた頃、事件が起こりました。
 夕方、子供達と庭で遊びながら「明日枝豆収穫しよか」と話していた矢先、私たちの横を何者かが通り過ぎる気配。サルです。「あっ」と思った次の瞬間、収穫間際の枝豆を片手に隣の屋根の上へ。激怒している旦那さんを背にサル達は塀を越え屋根を越え、かろやかに山へ去って行きました。
 近所の方曰く、ここ数年サルの被害が増えてきたそうです。簡単に食料を調達する方法を知ったサル達はたびたび山を下りてきます。行政も対策はされているようですが…。
 リベンジとばかりに育てたトウモロコシ。やはり収穫前のおいしそうに育った実だけを食いちらかされました。かしこいというか、なんというか…。人に被害が出るのだけは避けたいものです。
 
看護師 N.Y